この会の活動は、「親がこころの病を持つ子どもの交流会(こどもぴあ福岡)」と「パートナーの交流会」が中心です。この会を設立したきっかけは、親がこころの病を持つ子ども達が、親の障がいや病気のことについて、自分で理解しようとしても理解出来ずに、はっきりと答えがでないままに、幼少期・児童期に悩みながら生活を送ってきた方が多いと思います。病気や障がいについて、いろいろと知りたくても、友人等身近に相談する事で解決できるような話題でもなく難しいことが現状です。また、パートナーの立場の方は、パートナーを支え家庭を持ち子育てしながら、家計も支えています。パートナーの立場の方への支援がまだまだ行き届いていない現状です。それぞれの立場の方々が、同じような体験をされた方々が集まりピアカウンセリング中心に活動を行っています。子どもの立場の方とパートナーの立場の方が集うことで、家族まるごと支援ができればいいなと思っています。


「親がこころの病を持つ子どもの交流会(こどもぴあ福岡)」

私たちの親はビョーキです!!

精神疾患のある親に育てられた

子どもの立場の人と、

支援者の為のホームページです。

”こどもぴあ”の"ぴあ"は、

こどもの立場にとって居心地のよいところ(ユートピア)と、

こどもの立場の仲間(ピア)によるピアサポート。

の意味です。

精神疾患のある親に育てられた私たち

・全国に精神障害者の家族会はたくさんありますが、そのほとんどが、病気の子供のいる親の立場のかたがたです。

・精神疾患のある親に育てられた子どもどうしが出会う機会は、これまでほとんどありませんでした。

(こんな家庭に育ったのは私だけ。と思い、孤立して生きてきました。)

子供だったので、同じような人がいるかどうかなんて考えませんでしたし、考えたとしても、みんな隠しているので見つけるのは難しかったと思います。

・同じ立場の仲間と出会えたとき、初対面とは思えないほどすぐに打ちとけて、今まで誰にも言えなかった事を語りあい、心から共感しあえる場となりました。初めて本当の友達に出会えた気がしました。

・仲間と語りあうことで孤独から解放され、心の傷がいやされたり前向きな気持ちになれました。

私たちの願い

・子どもの立場の家族会はまだほとんどありません。しかし、病気の親のいる子どもの数は少数ではありません。"こどもなかま"が出会える場・つどえる場が全国に広がることを願っています。

・今現在病気の親の元にいて苦しんでいる子ども達のためにも、大人になった子どもの立場の私たちにできることを何かしていきたいという想いがあります。

・病気があっても適切な支援を受ければ、親子一緒に健全な家庭を築けると信じています。そのために私たちにできることをしたいという想いがあります。